タブレットPCでは、仕事はできないよな~

ここ数年は、テレビドラマでも良く見かける、「タブレットPCを役者さんが手に持ち、プレゼンテーションや会議の場面で、涼しい顔して使い込んでいるような風景」

パソコン市場は、さもタブレットPCが主流のようになっているような錯覚を起こすが、ちょっと待って!!と思う。

売り手側は、タブレットPCを販売したいからイメージ戦略として、積極的にメディアにも露出しているけれども、タブレットPCってあくまで、母艦であるノートパソコンやデスクトップパソコンがあって、はじめて便利そう~と思える媒体ではないか?


いってみればタブレットPCは、戦闘機のようなもの。


インターネットやメール、または写真や動画といった分野には良いかもしれないがタブレットPC単体では、母艦パソコンのような作業は、やりにくいと思うし、やっぱり役割が違う。

なんだか、世の中が「これからはノートパソコンよりタブレットPC!!」的な雰囲気は、メディアに洗脳されているからかもしれないが、タブレットPCも一時の流行で、少し前まではミニノートPC市場があったように、また違う媒体がでてくるんじゃないかな・・・。

と言うことで、パソコンで仕事をするなら、まだまだデスクトップ型PCもしくはノート型PCが必要という結論になった。

コメント


認証コード0136

コメントは管理者の承認後に表示されます。