マイクロソフトの大チョンボの報道ちょっと遅くないか?



13日にupdateを配布したのが計画的だったとしたら、なんだか「問題が起きても日本はお盆休みだから大丈夫だろう」という思惑を勘ぐりたくもなる。

確かに企業は18日からの休み明けが多かっただろう。しかし、一般ユーザーや盆休みをしていない企業がないとは言い切れない。

僕の場合、13日に自動updateをしていたので、いつもの通り実行されて、18日の朝に「勝手に再起動した。」

気持ちが悪いのでメンテナンスをしたけれど、なんだかんだで1日費やしてしまった。

日本人が作ったOS販売を潰し、ほぼ独占的に世界中にWindowsOSをばら撒いた挙句、昨今では自己満足OSしか開発できないマイクロソフト。

今回の大チョンボは、さすがに目に余る。

Windows8が販売されて「こりゃダメだ」と思いMacを購入した。

現在はWindows7と併用しているが、次のOS(windows9?)がコケたら本当にマイクロソフトは終わりなんではないか・・・。

大昔からマイクロソフトのやり方は大嫌いだったけれど、益々嫌いになった。

優秀なプログラマーや管理職が流出しているのか?

被害数が少ないことを祈る。


コメント


認証コード9156

コメントは管理者の承認後に表示されます。