Windows8・・・やっぱり不評みたい。



マイクロソフト内がバタバタしている様子が伺える記事ですね。

しかも、Windows8のスタートメニューが不評なのは発売前から予想がついたはずなのに・・・。

更に部門責任者は、Windows8の発売直後に辞任させられた?らしい。


Windows8がコケたから、その責任を取らされたのかもしれないけれど、いつの時代も「新しいものを入れる時は、少なからず違和感を感じて、それに慣れるまで多少の時間は必要である」と思うのだけれど、今回のWindows8は、歴代のOSのメニュー画面とは、全く違うデザインだし、時代がタッチパネルに流れているといっても、デスクトップとノート型のパソコンにも必要か?といったら僕はそんなに必要性を感じない。

なので「あれば便利だが、なくてもいいデザイン」という意見です。

時期尚早だったのかもしれない。


最初にWindows8のメニュー画面をニュースで見たとき、マイクロソフトのデザインセンスの酷さを感じたのは僕だけだろうか?

それとマイクロソフトが、本当の意味でのユーザー視点でOSを開発してくれる日は、やってくるのであろうか・・・。

コメント


認証コード8530

コメントは管理者の承認後に表示されます。