WindowsとMacでも使えるコピペツールを見つけた

Windows7(32bit版)で使っているコピペ(クリップボード)ツールである「クリップNOTE」を今後、買わないといけなくなるWindows10(64bit版)でも使えるのか?と調べていたら「クリップNOTEは、64bit版では動かない」ことが分かった。ついでに言うと「クリップNOTE」の開発は既に終了していた。

アプリケーションソフトには良くある事だけど、今後も32bit版で使えたソフトが64bit版では使えなくなるという問題は続くと思う。

いよいよ、Windowsで長年使ってきた「クリップNOTE」は、64bit版のWindowsでは使えない事がわかったので、インターネット検索でコピペ(クリップボード)ツールを調べていった。

そして、いくつかのコピペ(クリップボード)ツールがGoogle検索でヒットしたので検索画面を上から下へスクロールしていくと「おや?」と思った文言(もんごん)が僕の目に止まった。


WindowsとMacそしてLinuxでも使えるクロスプラットフォームなクリップボードツール

製品名は「Copy Q」という。


僕にとってパソコンのOSを選ばないソフトは、願ったり叶ったりなので早速、Mac版の「Copy Q」をインストールして使ってみた。

Macでは「ClipMenu」というコピペ(クリップボード)ツールを使っている。

「ClipMenu」は、最新版のMacOS「Catalina(カタリナ)」で問題なく動いてくれているため、現時点でMac用のコピペ(クリップボード)ツールは必要ないのであるが、Windows10(64bit版)を所有していないので動作テストはMacで行うことにした。

「クリップNOTE」と「ClipMenu」の仕様は似ているから使い勝手に違和感はなかったが「Copy Q」は、「クリップNOTE」と「ClipMenu」のようにはいかなかった。


最終的な目標は「クリップNOTE」と「ClipMenu」から「Copy Q」への完全移行だ。

それにはまず、Macで「Copy Q」を「クリップNOTE」と「ClipMenu」と同じくらいに使えるようにしないとなぁ〜


更新日:2020年07月04日